インフルエンザ

インフルエンザ(妊婦・褥婦)

現時点で、以下のようなことが分かっています。

  • 妊娠中にインフルエンザに感染すると重症化しやすい。
  • 妊娠中のインフルエンザで胎児に影響が出ることもある。
  • 重症化を防ぐには、ワクチン接種が最も有効で、安心
  • かかった場合には早期に抗ウィルス剤を使用することが勧められる。
  • 家族等がかかった場合、予防投与も有効である。
  • 授乳中の抗ウィルス剤の影響は少ない。

妊娠中は免疫力の低下などの影響で、重症化しやすいといわれています。また、週数が進むほど入院治療を必要とする人も増えるといわれていますので注意が必要です。
インフルエンザ感染の胎児への影響はほとんどありませんが、流産・早産が増えたり、小さいお子さんが増えるという報告もあります。

 

日本で使用されているインフルエンザワクチンは不活化ワクチンで、どの週数に接種しても妊婦・胎児には影響がないとされています。
防腐剤としてのチメロサールが含まれているワクチンであっても濃度は微量で、胎児への影響はないとされています。

 

抗インフルエンザウィルス薬(タミフル、リレンザ)は発症後48時間以内に服用すれば重症化を予防できるので、妊婦には勧められています。

 

授乳中の方へのお知らせ
NPO法人ラ・レーチェ・リーグ日本がリーフレットを作成しています。
「インフルエンザから赤ちゃんを守るために、母乳保育を続けましょう」
(クリックするとPDFファイルが開きます)

当院でのインフルエンザワクチン

当院でもインフルエンザワクチンは接種できますが、メーカーからの供給が十分ではなく、
在庫がある場合に以下の方に限定して接種することにしています。

当院に通院中の妊婦さん(妊娠中の週数は問いません)
当院乳児健診・ワクチンで受診中の生後6か月以上のお子さん(きょうだいも可能)

健診での受診時などにスタッフにワクチン希望をお伝えください。
在庫の関係で、インターネット等での予約はできません。

 

インフルエンザワクチン接種料金
・3,000円(診察料・消費税込み)

 

※お子様のワクチンは、1〜2週間あけて2回接種することが推奨されていますが、在庫がなくなることもありますので、その場合はご容赦ください。

page top