東妊婦健診

東松戸分院での妊婦健診

本院出産の場合、分娩直前まで分院で通院可能

 

妊娠36週(10か月)から本院に通院になります。
(通常の里帰り分娩などは、34〜35週からの受診)
分院から本院へは紹介状作成しますが、文書代はいただきません。

 

休診日・休日・夜間も本院との連携で24時間対応

 

電子カルテで情報の共有をしております。

 

最新の超音波で3D/4Dエコー

 

お腹からみる検診(妊娠4か月・12週以降)では、通常エコーの他に、3D/4Dエコーを無料で行なっています。

 

付き添い・家族の方に、いつでも一緒に検診を見ていただけます

 

妊娠初期超音波検査(内診)のエコーでも、ご本人さえよろしければ一緒に内診室で確認できます。

 

トップページに戻る

妊娠中の検査

基本的検査項目は、胎児心拍が確認できた時点で説明用紙をお渡ししています。

 

妊娠初期検査(妊娠8〜9週ころ_妊娠第3月)
・経膣超音波検査(エコー):
  胎児の心拍の確認、
  大きさ(頭殿長)を測定し、予定日の確認・確定をいたします。
・尿検査・体重
・採血

 

全員に行っていただいている検査(採血)
・血液一般(貧血)、血糖、風疹抗体、B型肝炎・C型肝炎、HIV、梅毒反応、不規則抗体(ABOではない血液型不適合の検査)

 

オプションで追加している検査(採血)
・トキソプラズマ抗体

 

当院では行っていない検査
・出生前診断検査は行っていませんので、ご紹介となります。

 

妊娠12〜13週ころ_妊娠第4月
(尿検査・体重は毎回行います。)
・経腹超音波検査(エコー):
  第4月より、3D/4Dエコーができます。
  胎児の大きさ(頭殿長、児頭大横径)、
  無脳児など大きな異常の発見

 

妊娠20週ころ_妊娠第6月
・経腹超音波により胎児心臓や臓器の位置関係などのチェック。
・経膣超音波(内診)により、子宮口の確認(頸管長測定)、胎盤の位置の確認
・子宮頸管からのクラミジア抗原検査
・希望者への性別確認(24週〜26週頃までに確認しています)

 

妊娠26週ころ_第7月
・採血:
血液一般(貧血)、血糖、HTLV-1抗体(成人T細胞白血病のウィルス_母乳でうつる)

 

妊娠30週ころ_妊娠第8月
・経腹超音波により、胎児頭部・内臓のチェック、胎位の確認(逆子でないか)
・経膣超音波(内診)により、子宮口の確認(頸管長測定)・胎盤の位置の確認

 

経腹超音波による、推定体重(大きさ)・胎位・異常の発見は毎回注意して行っております。
3D/4Dのために、別に予約をいただいたり、料金が追加でかかることはありません。

トップページへ戻る

検査についてもう少し詳しく知りたい方へ

(作成中です)_(._.)_

page top